アリバイ会社比較別館

6月 25 2012

不倫によるビジネス

■不倫で急増するビジネス
 ・占い(不倫の相談をするために通う)
 ・不倫や浮気をカムフラージュする商売(アリバイ工作をする)
 ・別れさせ屋(浮気相手から引き離す)
 ・ブラックメール代行(恋人が浮気心があるか試す)

+

17年目の氷解

 このところ立て続けに、オウム真理教事件で長年指名手配された容疑者が捕まったり、捜索されたりという事態になっています。

 実は、私はオウム事件に強いこだわりとトラウマを今に至るまで持ち続けてきました。それというのも、これまでまんざら自分がオウムと無縁ではなかったからです。

 1984年といえば、私が出家した年ですが、オウム真理教の前身、「オウム神仙の会」が麻原によって設立されたのもこの年のはずです。

 ですが、それ以前に、彼は宗教的な活動を始めていたはずで、私が後に思い出したは、千葉県の松戸で、ヨガグループのような活動をやっていたのが、当時の麻原ではないかということです。

 私はまだ出家する前でしたが、千葉在住の友人に「変わったヤツが面白いことをやっている」と誘われて、見に行ったことがあるのです。あからさまに胡散臭かったので、早々に退散してきましたが、狭いビルのような、アパートのような一室に、結構な人数が集まっていたことを覚えています。その指導者が彼と風貌が似ているのです。

 さらに出家して永平寺に入門後、数年が過ぎた頃、オウム信者が修行僧としてやってきたのには、それこそ仰天しました。荷物検査をしたら、坐蒲(坐禅用の丸いクッション)の中から、麻原の著書が数冊出てきたのです。本人も悪びれず、信者だと名乗りました。

 永平寺のルールに従う以上は、追い出す理由もなく、彼は確か半年くらい修行して下山したはずです。その後、ある大学の催し物に招かれた麻原が、永平寺で師家と修行僧が行う禅問答とまったく同じ作法で、弟子と問答するパフォーマンスをしていたと、その大学出身の後輩から聞きました。おそらく、教団がいろいろな宗派や教団に信者を派遣して、内部事情を集めたり、修行体制を学んでいたのでしょう。

 そして、私が永平寺で丸10年が過ぎた1995年。地下鉄サリン事件が起こりました。

 あの無念さは今も忘れません。私は出家する前から、何となく自分と似たような不安を抱えた同世代の人間が増えてきているという、漠然とした感触があったのです。そして、その処方箋として、仏教の言説は一定の役に立つのではないかとも思っていました。

 しかし、当時の「伝統仏教」者の言説は、まったく私たちのような人間に響くことがありませんでした。出家以後の私の核心的問題意識のひとつは、まさにそこにあったのです。私は「伝統仏教」の言説を質的に大きく転換する必要を痛感していました。

 たとえ永平寺にいたとしても、自分が古参になるにしたがい、外部の情報も入りはじめます。その頃には、オウムやその他の新しい宗教団体が若者の支持を急速に集めつつあり、そのことも知っていました。

 私は次第に妙な焦燥感にとらわれるようになりました。我々が社会に仏教を訴えかける新たなスタイルを早く開発しないと、何かに間に合わない感じ、さらに言えば、何かよくないことが起こりそうな気がしてきたのです。

 ちょうどそのタイミングで、ある雑誌が私に連載を依頼してきました。私はついに機会が廻ってきたと思いました。よし、イチかバチか、やってみよう・・・・・。その連載を始めた矢先、事件は起こったのです。

 あのときは、しばらくの間、どこにいっても、「あんたたちお坊さんは何をやってたんだ!」と叱られました。本当にそうだと、思ったものです。そして、今でも、そう思っています。

 こういう次第で、以来17年の間、私はオウム事件に関心が途切れることはありませんでした。なかんずく、二つの疑問が、どうしても解消せずにいて、これも事件を過去にできない大きな理由になっていました。

 その疑問とは、オウム教団の1990年衆院選出馬と、地下鉄サリン事件の時期についてでした。

 衆院選については、あの全員落選をきっかけに教団は武装化に傾斜していったと、当時からメディアは解説していました。

 ですが、私にはどうも腑に落ちませんでした。麻原はもちろん、オウム幹部はおろか信者にしても、本気で当選するなどと考えていたのだろうか? もし考えていたのなら、まったく自惚れ放題の誇大妄想です。

 しかし、少なくとも麻原は、各宗教のごった煮のような代物とはいえ、一貫した体系を持つ教義を完成させ、それを縦横に語る能力を持ち、多数の信者を信服させることができた人物です。その彼が、それほど脇の甘い人間とは、とても私には思えませんでした。

 もう一つのサリン事件の時期。これも事件直後から、教団に迫っていた強制捜査を撹乱するために地下鉄にサリンを撒いたと言われていましたが、あの時点で撒いたら(確か、読売新聞はすでに、富士山麓の教団施設敷地内からサリン製造の残留物が検出されたことを報道していたと思います)、教団が決定的に疑われることは必定でした。あんな時期にあえてそんなことをするだろうか? それほど馬鹿だろうか?

 私が疑ったのは、そもそも、大体の事件の構図が見えてきた頃合から、この類の事件はあるモデルで解釈できるのではないかと考えていたからです。それはいわば、「ヒトラーモデル」です。

 これまた告白すると、私は中学生の頃にアドルフ・ヒトラーの存在を知り、急速に関心を深めていきました。ハタから見たら「傾倒」のようだったかもしれません。中学・高校時代に読んだヒトラー関連本は、50冊を下ることはありますまい(今も一部持っています)。

 私は、彼に極めて強い親近感を感じていたのです。私には、彼が、非常に強い自己愛と劣等感、あるいは挫折感を抱えて、青年期を過ごした人間に見えました。そしてそれは、私自身にも強烈に自覚されていた感情だったのです。

 その種の青年が、自分の頭の中で思いついたアイデア(ユダヤ人は敵だ)をイデオロギー(反ユダヤ主義)に道具化し、それを梃子に他者の支持を集め、その支持を今度は他者を支配する力として使いながら、損傷した自意識を修復し、さらに無際限に肥大化させていったのではないか。

 おそらく、ヒトラーは、ユダヤ人の誰か個人から実際に騙されたり、ひどい目にあわされたりしたことはなかったでしょう。彼の「ユダヤ人」は、具体的な人ではなく、もっぱら観念です。すなわち「ドイツの敵」、つまり「自分の敵」。敵の打倒は直ちに彼の定義する「正義」なのです。

 もしこのモデルが適当だとすると、私にもわかるのです。

 子供の頃、極端に病弱で友達にくらべて出来ないことが多く、その上「死ぬこと」のわからなさに絶望的な困惑を抱えていた私は、ある日入院していたベッドの上で、突然閃いたのです。

 「死ぬこと」はみんな怖いだろう。その怖さは、それがどういうことだかわからないからだろう。だったら、もしそれがわかったら、みんな知りたいだろう。知るためには、それを教える者に頭を下げることを嫌がらないだろう。つまり、これは力なんだ。勉強ができたり、体育ができたりすることより、ずっと大きい力なんだ・・・・・。

 発熱中の11歳男子がそのとき思いついたことが、要するに「イデオロギー」というものの意味だったのです。

 私は、麻原も同じだったのだろうと考えました。彼の「真理」は彼にとっては道具であり、それ以上でも以下でもありません。ヒトラーの権力に対する欲望が彼にもあり、その欲望の道具として、「オウム真理教」も「ナチズム」もあったのだろう、と。

 だとすれば、やはり、あの選挙と事件のタイミングは解せません。「真理」を道具として使いこなせる人物が、そんなナイーブな錯覚をするだろうか?

 ところが、先月の終わりに、あるテレビ番組が、積年の疑問を氷解させてくれました。実に私にとっては画期的なことです。

 まず、選挙について。

 この番組に登場した元幹部は、麻原は、実に教団結成当初から、武装化を考えていたと証言しました。

 それが事実なら、最初から目的は武力による国家転覆と政治権力の独占で、「真理」は完全に「道具」です。

 ヒトラーが反ユダヤ主義を道具に最初から戦争を欲し、戦争による国家改造を目指していたのと非常に似ています。

 ということは、選挙の当選など、最初から真面目に考えていたはずもなく、それは自分の信者へのアリバイ作りに過ぎなかったでしょう。すなわち、自分は民主的な手続きで「真理」を実現したかったが、それが無理となった今では武力以外に方法はないと、信者を説得するわけです。

 一方の「政治家」ヒトラーはあの手この手の選挙で成功したので、とりあえず「民主主義体制」の内部から国家を食い破ることができたのです。

 もう一つのサリン事件の時期。これも番組内で元教団幹部が、麻原から直接聞いた話として、次のような内容の証言をしていました。

 いわく、もはや強制捜査は避けられず、自分たちの目指した武力による「救済」計画は失敗した。ならば、せめて自分が予言していた「ハルマゲドン」だけでも実際に起こしておこうじゃないか・・・・・。

 かりに、この驚くべき証言がそのとおりなら、これまた、ヒトラーが「第三帝国」崩壊直前までホロコーストを続け、最後にはその「ユダヤ人抹殺」を戦争の究極目的であり、自らの政治的業績と位置づけていたことに符合するでしょう。

 かくのごとく、イデオロギーで他者を縛る者は、当の縛られた者の支持と承認ゆえに「指導者」であり「教祖」なのですから、同時に自分の主張に縛られることになります。

 けだし、「絶対的な真理」や「無謬のイデオロギー」を根拠に組織された集団は、それを主張する者と信奉する者がお互いを縛りあって外部から隔絶し、結局は現実性を喪失して自壊する他ないでしょう。

 いや、今度ばかりは、17年来の疑問を解いてくれたテレビ番組に感謝しました。そして、あらためて考えました。

 人間が言語によって語る「真理」に、無条件的な「絶対」も「普遍」もありえません。かりに「言葉で言い表せない真理」なるものがあったとしても、それは要するに「わからない」のですから、無意味です。なんらかの方法で「わかった」としても、それは、いかなる手段をもってしても、「妄想」や「錯覚」と区別できません。

 したがって、「絶対的真理」が語られたら、それ自体を我々は警戒すべきでしょう。なぜなら、それは常に主張者が他者を支配する道具に転じる可能性があるからです。特に、主張者が自分への一方的な支持や帰依を他者に要求するようなら、その時点で非常に危険です。

 ただ、私に言わせれば、「真理」だろうと「イデオロギー」だろうと、人間のアイデアは所詮「道具」です。道具の正当性は使用目的と使用効果で規定されるでしょうから、ある人間が道具の使い方を誤ったとしても、別の誰かは有効に使えるかもしれません。

 となれば、「真理」や「イデオロギー」は使用者の成功・失敗に関わらず存続し、次の主張者と支持者を生み出すでしょう。

 オウムの教義やナチズムが、麻原やヒトラー以後も生き残っているのは、それが「絶対的真理」だからではなく、「道具」としてまだ使えるから、少なくともそう思っている者がいるからです。

 ならば、「道具」はその使用方法をよく理解してから使うべきであり、使用目的によっては、外部からの制限や禁止も必要になります。道具に使われてはいけないと、よく言われるでしょう。そのとおりなのです。

+

検察官、取り調べで「獄死しろ」 国が慰謝料支払い和解

 刑事裁判でうその証言をしたとして偽証容疑で逮捕された際、さいたま地検の取り調べで精神的苦痛を受けたとして、夫婦が国に計770万円の損害賠償を求めた訴訟があり、さいたま地裁(中西茂裁判長)で13日、和解が成立した。

 原告の代理人弁護士によると、国側は取り調べが不適切だったことを認め、慰謝料として計130万円を支払うという。

 訴えたのは、さいたま市の無職伊藤桂三郎さん(52)と妻の道子さん(54)。2人は長男(当時23)の刑事事件の公判で、虚偽のアリバイ証言をしたとして2006年にさいたま地検に逮捕された。訴状によると、取り調べで検察官が「獄死しろ」などと暴言を浴びせ、自白を強要させたとされる。

 その後、伊藤さんは不起訴(起訴猶予)となり、道子さんは「証言が記憶に反してなされたとは認められず、犯罪の証明がない」としてさいたま地裁で無罪判決が確定した。

+
+
+
+
+
tumblrアカウントのクラスタ分けをしてみました。クラスタ分けの方法は、誰が誰からReblogしたかを収集し、グラフを作成。その後、igraphを使ってクラスタ分けをしました。結果、426アカウントが10クラスタに分割されました。

クラスタの人数が多い順に紹介します。クラスタ名は適当です。

1.綺麗な女性(80人)
 highlandvalley, takaakik, reretlet, pedalfar, suyhnc
2.かっこいいモノ、風景(72人)
 nemoi, dontrblgme, jacony, suzukichiyo, dannnao
3.かわいいキャラクタ(68人)
 kondot, k32ru, ibi-s, stratums, nanikano
4.ネタテキスト(66人)
 yaruo, otsune, katoyuu, petapeta, plasticdrea.ms
5.ネタ画像(37人)
 hkdmz, zenigata, uinyan, bull-heck, cineraria(私)
6.おしゃれ画像&テキスト(25人)
 mcsgsym, shinoddddd, gkojay, tataraseitetsu, moja-moja
7.おしゃれな風景&女性(22人)
 ak47, d-d-d, bibidebabideboo, muhuhu, andi-b
8.2次元画像&テキスト(21人)
 flatmountain, precall, cole107, jumitaka, toyolina
9.女性画像、3次、2次どっちも、あとテキストも(19人)
 mitukiii, 46252, nyjunkies, 13py2, jpegirl
10.不明(16人)
 konishiroku, pipco, layer13, do-nothing, exposition
すべてのデータをここに置いておきます。

3,865 リアクション

+
ただ乗りができる無線LANに接続し、海外のフリーVPNに接続、そこからロシアのプロキシに接続してYouTubeに動画をアップロードする
アップロードが終わったら無線LANの管理画面(127.0.0.1)に接続して設定の初期化を押してすぐに接続を切る

これを警察が追うとなると
1.YouTubeにIPアドレス開示要請(YouTubeの鯖はアメリカだからアメリカの調査協力がいる)
2.フリーVPN業者にIPアドレス開示要請(フリーVPNはログをほとんど取ってない)
3.ロシアのプロキシ業者に通信ログ開示要請(ロシアにはネットに関係する法律が全くないから開示要請を拒否できる)
4.日本の接続IPを発見するが無線LANタダ乗りで接続ログも消えてるから追跡不可能

フリーVPNは、接続者が約1000人ほどいるから全ての通信ログを取ってたら鯖がパンクする
取ってない所が多いし、とってたとしてもだいたい1週間ほど保管しておいて後は削除する

できればフリーVPNはアフリカらへんの発展途上国のほうがいい
というのも、発展途上国はネット関係の法律がなく、また知識がない企業が通信事業をやってたりするからログを取ってない

1,758 リアクション

+
医療機関に対して、不妊の原因について聞いたところ、女性では、30代半ばを過ぎると卵子の質が低下して妊娠しづらくなる「卵子の老化」に原因がある患者の割合は、平均で47%と半数近くに上ることが分かりました。
また、初診患者の平均年齢を35歳以上と答えた医療機関は77%に上りました。
10年前は20%にとどまっていたことから、卵子の老化によって妊娠が難しくなってから治療に駆け込む人が相次いでいる実態が、初めて明らかになりました。
一方、35歳以上の女性患者の中で、不妊治療を始めるまで、「卵子の老化」について「知らなかった」と答えた人が、55%と半数を超えました。

不妊原因「卵子の老化」が約半数 NHKニュース

こういう事実はもっと周知徹底すべき。
女性の社会進出には賛成だが、家庭を持つということ、子供を産むということの意味をもっと大切にするべき時なのではないか

(via amiens2009)

日本ではやり直しの機会が与えられていないってところに帰結する気もするなあ。女性からしてみれば、今仕事で頑張らないと…っていう時期と出産に向く時期が一致しちゃって、どっちかしか選べないんだから、「そんなわかってるけど、どーすりゃいいのよ?」ってなるのでは? 氷河期で新卒を逃しちゃった人とか、リストラで放り出されちゃった人たちにはもう機会が与えられないっていう話と、根はいっしょな気がする

(via scsa)

(yaruoから)


アリバイ会社をお探しならアリバイ会社比較NAVI

227 リアクション

ページ 1 / 11